エンジニアのスクールで夢が広がる

コンピュータのスキルがどんどん増えている

IT機器にはスキルがいくらか必要になるものがあります。

しかし、最近では一般人も使えるものがどんどん増えており、あまり難しい操作を必要としない、ということがかなり大事になります。そうした設計思想になっていることが多いです。もちろん、極めて専門性が高いものは別であり、それはどうしてもそれなりの知識やスキルが必要になります。それは仕方ないことです。しかし、あくまで企業が一般社員に使わせるパソコンなんかは使いやすいようにしています。

例えば、独自のシステムを導入しているとしてもそれはマニュアル化させて、出来るだけ使い勝手の良い改良を常に心がけているものであり、それこそが業務を効率化させるコツになっています。言うまでもありませんが、基本的には相当な費用がかかることになります。つまりは、IT機器の導入の為のコストですが、これがある意味ではとても大きなハードルになっています。何しろ、日進月歩の技術ですから、折角新しいIT機器を入れたとしてもすぐに型落ちになる可能性があります。

これはコンピュータの宿命のようなものであり、仕方ないことです。それでも十分に利益があれば、導入するメリットはあります。それがコンピュータであり、今では様々な仕事に応用されていますし、作るのかどうかはともかくとして、使えるかどうかは求められるスキルになっています。どんなコンピュータでも操作性は似たようなものですから、まずは機械に関する抵抗感を無くすべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *