エンジニアのスクールで夢が広がる

ビジネススクールに通うITエンジニア

最近では、ITエンジニアの中でもビジネススクールに通う人が増えてきています。

技術者としてよりも営業などを任されることがあるため、技術だけでなく経営の知識が求められるようになってきたという社会的な変化が影響しています。かつて、エンジニアであれば求められる仕事をきちんとしていればそれで良いという考え方でしたが、結局は相手のいる仕事であるため、経営を理解していなければ仕事にならない事が増えてきました。

そうした背景から、夜間のビジネススクールに通って経営の知識を身に付けたり、ビジネス戦略を身に着けていかなければ生き残ることができないという考え方が、ITエンジニアの間で広まりつつあります。自分たちが提供したIT技術がどのように相手の企業の経営戦略に影響を及ぼすのかという多角的な側面を捉えて仕事をしなければ、その技術を活かすことができないことの現実に直面している人も増えているのです。

ビジネススクールでは、ITエンジニアに対して、技術から価値を生み出すことの出来るスキルと知識を得ることができます。特にITは経営戦略と不可分であることから、そうした戦略的見通しを立てて仕事をすることが求められる機会が増えてきているのです。技術屋は技術を磨いていれば良いといった考え方はすでに過去のものであり、技術からどのような付加価値を生み出すことが出来るか、ということを考えて仕事をすることが居間のエンジニアに求められているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *