エンジニアのスクールで夢が広がる

ソフトウェアシンセを導入して作曲を行う

シンセサイザーは、現代的な音楽を作曲したり、演奏するのに欠かせない楽器の一つですが、シンセサイザーには、ハードウェアシンセとソフトウェアシンセがあります。

ハードウェアシンセは、ピアノのような鍵盤があるキーボードや音源などで構成されている物であり、比較的大掛かりなシステムです。一方で、ソフトウェアシンセは、パソコンにインストールして使うタイプであり、パソコンにインストールしておけば、いつでも作曲や演奏が出来る環境を構築する事が可能です。ソフトウェアシンセには多様な音源が収録されており、一つのソフトで様々な音を出す事が出来ます。

近年では、フルオーケストラを再現する事が出来るソフトウェアシンセも存在しており、ユーザーが作曲や演奏したい音楽ジャンルに合わせてソフトを選択していくのが良いでしょう。多彩な音源を導入している場合には、一人で音を調整する事もでき、ユーザーのセンス次第で色々な音楽を作り出していく事が可能です。

ソフトウェアシンセやハードウェアシンセのいずれを選択するかは、ユーザーの拘りたい部分によって変わってきます。ドラムやピアノなどの楽器の他にも、和太鼓などの楽器も収録されているソフトがありますので、ユーザーが普段触れている音楽ジャンルにマッチさせられます。コンピューターに歌わせソフトシンセも発売されていますので、ボーカルまでソフトシンセで再現してしまう事が出来ます。音源の質は、ソフトによって変わってきますが、高機能なソフトほど価格が高くなってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *