エンジニアのスクールで夢が広がる

パソコンの性能を測るベンチマークソフトウェア

パソコンの性能は搭載されているパーツで決まります。

しかし、パーツの組み合わせによってスペックとして示されている能力以上の性能を発揮したり、逆に思ったよりも性能が高くないといったこともあり得ます。そこで、現在の構成がどの程度の性能があるかを客観的に数字で示すソフトウェアがベンチマークソフトウェアです。ベンチマークソフトウェアは、パソコンに負荷を掛けるプログラムを実行し、どの程度の負荷に耐えられるかを数字で表すソフトウェアです。

パソコン全体の総合的な性能を測るだけでなく、CPUやグラフィックスカード、ハードディスクドライブといったパーツ単位の性能を測ることも可能です。ベンチマークソフトウェアには多くの種類があり、純粋にパソコンやパーツの性能を測るものから、特定のゲームなどが使用しているパソコンで動作するかを判断するためのものもあります。あるゲームが使用しているパソコンで動作するかを判断するためのベンチマークを行えば、ゲームを購入する前に動作確認ができるため、非常に有用なのです。

仮に動作できないという結果になっても、どのパーツの性能が低いために動作できないのかが分かるため、その部分を強化するパーツを購入することで動作させることが出来るようになります。また、新製品が発売されるときには、レビューサイトにベンチマークのテスト結果が掲載されることが多いです。その数字を見て、現在のパソコンよりどの程度性能が向上しているのかを判断することも出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *