エンジニアのスクールで夢が広がる

ios用のソフトウェア作成

ios用のソフトウェアは主にアップル社が提供しているXcodeと呼ばれる開発環境で作成します。

しかし、サードパーティ製のソフトウェアでも開発ができるようになったこともあり、現在ではさまざまな環境下でios用のソフトウェア開発が行われています。ios用のソフトウェアで開発される場合、プログラム言語はObjective-Cが多かったのですが、現在ではC、C++、Java、Javascript、HTML5でも開発ができるようになってきており、対応する言語は今後も増えていきそうです。

サードパーティ製の開発環境は純正品ではないので開発してもiosで公開できるか不安におもわれる方も多いのですが、ポイントを抑えておけばどのような環境下でも問題なく作れますし、アップストアにも多くのアプリが公開されています。iosのアプリを作るための環境で大事なことは最終的にビルドする環境はマックが必要であること、iosによるファイル管理に従うことです。

ビルド環境はマックがなくても作れるのですが、実機でのテストからマックが必要となります。これはiosのセキュリティがマックを必要としているためであり、アップストアに提出する際からマックが無いとできないようになっています。また、iosのファイル管理についてはAndroidとはまったく違うと考えとくべきです。スマートフォン用のアプリ開発ではファイルを作成することが多いですがios管理では自由な場所で作成することが違反になります

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *