エンジニアのスクールで夢が広がる

iosソフトウェアの作り方

iosはiphoneやipadで動作するOSです。

iosはアップル社が開発、配布を行っており、専用デバイス以外では動作しないソフトウェアです。iosにはアップストア経由でソフトウェアをインストールすることができます。パソコンと違い、自分で勝手にソフトウェアを入れられないのがネックですが、アップストアには無料、有料合わせて多数のアプリが並んでおり、多くの方に十分な量のアプリケーションがあると考えられています。

自分でios用のソフトウェアを作成するにはいくつか方法があります。もっとも標準的な開発手法としてはアップル社が提供しているXcodeを利用した開発ができます。Xcodeは無料であり、実機でテストするまではデベロッパー登録も無料で行えます。デベロッパー登録は年に1万円程度かかりますが、作ったソフトウェアをアップストアに無料で掲載してもらえ、また、掲載時に行なわれるアップル社のテストも無料です。

テストでは不具合を見つけたり、セキュリティ面での問題を指摘してくれます。スマートフォン向けのアプリでもAndroidではテストがないのでiosは面倒だと感じる方も多いですが、利用者からすれば安心して利用できるアプリばかりなこともあり、信頼してダウンロードしたり、購入することができるとして好評ですし、ios向けのアプリのほうが有料アプリの販売実績が多いという報告も多数あります。開発者側にとっても買ってもらえるチャンスが多い市場と言われています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *