エンジニアのスクールで夢が広がる

写真の編集に役立つソフトウェア

デジタルカメラやデジタル一眼レフやスマートフォンなどのようなデジタルタイプのカメラが消費者に広く普及した事によって、写真を撮影するといった事が手軽に行えるようになっています。

デジタルカメラなどには、ホワイトバランスの調整機能や手ブレ補正機能などが搭載されていますので、初心者でもある程度綺麗な写真を撮影出来るようになっています。デジタルカメラで撮影した写真は、パソコンにデータを取り込む事ができ、ソフトウェアを使った編集や保存が出来ます。オンラインストレージを利用すれば、写真をオンラインストレージに保存でき、スマートフォンなどからいつでもアクセスが可能です。

編集を行う場合、フォトレタッチソフトと呼ばれる専用ソフトウェアを使うのが良いでしょう。市販されているソフトウェアもありますが、フリーソフトやオープンソースソフトもありますので、用途に応じた機能を持ったソフトを使っていくと便利です。

ベジェ曲線を利用した切り抜きやマスク機能を使った切り抜き、文字の挿入やフィルタを使った効果の適用など様々な処理が出来ます。直感的に彩度や色相などを変化させたい場合には、トーンカーブなどのツールを使いますと役立ちます。デジタルデータ化した写真は、色々な編集が出来ますので、ユーザーの好みの表現を適用する事も可能です。赤目補正を使ったり、ぼかし機能を使ったり、余分な物を削除したりする事で、写真の仕上がりを向上させられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *