エンジニアのスクールで夢が広がる

各種端末をエミュレーションするソフトウェア

コンピューターを動作させる為には、対応しているOSとソフトウェアをインストールする必要があります。

更に、OSは、各コンピューターのプロセッサのアーキテクチャーに沿って開発された物をインストールしなければいけません。また、より高速にソフトウェアを動作させる為には、並列処理が出来たり、マルチメディア関連の命令を搭載したプロセッサを用意し、ソフトウェアがそれらの高速化技術に対応している必要があります。近年では、パソコンのハードウェアをエミュレーションして、OSとソフトウェアを仮想PC上で動作させる為のソフトウェアがよく利用されています。

この仕組みは、サーバで複数のサーバOSを使いたいといった用途や複数のOSを一台のパソコンやワークステーションで使いたいといった用途で導入しますと効果的です。各種端末をエミュレーションするソフトの事をエミュレーターと呼び、現在主流のアーキテクチャーのパソコンだけでなく、往年の名機をエミュレートするエミュレーターも存在します。

つまり、かつてのコンピューター資産を活用したい時には、エミュレーターを使うのが有効です。PCエミュレーターは、ホストOS上でサブOSを動作させる為の有効な手段であり、複数のOSを一つのブートローダーで起動させるように、パーティションを分けて複数のOSをインストールするマルチブートよりも導入リスクが低く、利用しやすいです。ブートローダーの管理は、一つのOSに対してだけ行えば良いです。
エンジニアスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *