エンジニアのスクールで夢が広がる

映像制作は作る映像によって費用が違う

映像制作会社に依頼する映像制作には、費用の相場があってないようなものです。

一番金額がかかるのが撮影にかかる人件費で、これはカメラマンだけでなくビデオエンジニアなどの技術を持ったスタッフが必要となってくるからです。さらにカメラなどの機材もプロ使用の本格的な機材を使用するので、コストがかかるのです。さらにスタジオを利用する場合にはスタジオ使用料がかかり、離れた場所で撮影する場合には高速代、宿泊費などがかかってくるのです。

映像制作には必ずプロデューサーやディレクターなども必要となってきます。出演者にも自社の人間が出ればいいのですが、そうでない場合には出演者の人件費もかかってきます。特に有名タレントの起用は非常に高額の出演料が必要となります。この人件費と、機材などのコストと、高速代や車両代などの雑費などで、大まかな金額がわかります。またどのような映像を作るのかによっても費用は大きく変わります。

制作費が前後するのは、映像の企画・台本をお客様が用意するのか、それとも依頼された会社で用意するのかや、最終的に何分の映像制作になるのか、撮影を何日おこなうのかなどで、費用が変わってくるのです。また人や時間がかかる費用は、仕上がった映像だけで見てもわからないものが多く、場合によっては似たような映像でも金額が大きく違うことも出てくるのです。そのため30分の映像よりも、3分の映像のほうが価格が高額になるケースもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *