エンジニアのスクールで夢が広がる

グループウェアのカスタマイズについて

新たにグループウェアを利用する訳ではなく、今使っているグループウェアから切り替えることを検討するという会社も少なくありません。

今使っているグループウェアをカスタマイズすることにより使用していた機能を、新しいグループウェアで全部同じように使えるようにすることは、かなり難しく、そのことを実現するためには高額な費用が発生することになります。そのため、今まで使用できたけれども新しいグループウェアでは使用できない機能もあるということは、新しいシステムを導入する前に会社の従業員など実際に利用する人たちに納得してもらう必要があります。

システムにより、会社に所属しているエンジニアによりカスタマイズを施すことによって、細かい要望にも応えることができる柔軟性があるシステムもあります。このようなケースではシステムの値段だけでなく、導入したときや運用しているときに生じる自分の会社に所属しているエンジニアが行うカスタマイズの手間や費用についても考慮する必要があります。専門の業者に開発を委託することも考慮して、結果的にカスタマイズをすることにより得ることができるメリットと発生するカスタマイズ費用とのバランスを鑑みて選ぶことになります。

自分の会社に必要となる機能を絞り込み、カスタマイズの必要性を見極める必要があります。とはいえ、機能が豊富で安いシステムである方が良いのですがクラウド型のシステムならば利用者一人当たりの単位で値段が決まることが多いので利用者が少なければ機能が豊富で安いシステムを利用できる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *