エンジニアのスクールで夢が広がる

就活までに準備しておくと良いこと

就活に入るまでに、まずはやりたいことを決めて、何かしらのことを頑張らなければなりません。

業務に直結するようなものが好ましいですが、営業職が希望なら業務に直結するようなものでなくても構いません。専門職が希望なら、専門に特化したゼミで頑張り、難関資格などを取っておいた方が良いです。例えば、コンピュータエンジニアならコンピュータ資格、経理なら簿記、国際業務志望なら語学力をつけておいた方が良いです。ただし、就活での強みが語学力だけの場合はよほど高い実力がないと評価はされません。

まずは日本語で業務をこなせることが重要であり、日本語で業務をこなせそうでなければ語学力は全く評価されなくなってしまうからです。就活では面接が上手であることも大切です。しかし、準備が不十分なら面接が上手であっても苦戦するし、準備が十分なら面接が不得意でも何とかなります。よって、まずは準備しておくことが大切だと考えれば良いです。準備を就活に間に合わせる為には遅くても大学1年の夏休みまでには開始しなければなりません。難関資格などを取るにも年月がかかるからです。

大学3年から始めたのでは間に合わないのです。バイトなどで希望する職業を体験することも悪くはありません。インターンなどをやれば視野も広がるし、実力もつくし、評価も上がって採用されやすくなります。チャンスと興味があるなら、やってみた方が良いのがインターンです。給与も出るので、金銭的な理由からもおすすめできるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *