エンジニアのスクールで夢が広がる

相談しやすいIT弁護士とは

企業の多くが社内にITを導入するようになり、業務の効率化が図られた反面、ITによる情報漏えいのリスクや、サイバー犯罪の温床となるリスクが高まっています。

これらの問題はITシステムの内部で発生するため、なかなか具体的な原因を究明することは難しいものです。しかし、ITシステムが原因で顧客情報や機密情報が漏えいしてしまった場合、その影響は社内だけでなく顧客や取引先まで影響が及んでしまい、事態の早急な究明や損害賠償などの問題が大きくクローズアップされてしまうことになります。

このような事態の時に相談したいのが、IT弁護士です。IT弁護士とは弁護士の資格を持ち、インターネットやITシステムに精通した人の事を指します。彼らの多くは企業のシステム管理者やシステムエンジニアの経験を持つ人も多く、実際のITシステムの振る舞いやリスクに関して精通している場合が多いため、原因究明と問題解決の手法がITシステムの問題解決に適しているのです。

中でも諸問題を相談しやすいのは、システムエンジニアの経験の有るIT弁護士です。システムエンジニアは顧客の要望をシステムで実現することを目的とした設計を行っているため、ITシステムの問題を客観的なユーザーの視点で見ることに長けています。その為、問題を様々な角度から分析し、適切な判断を持って問題解決に当たります。他の弁護士では相談できない内容や、技術的に難解な問題も多角的な視点で解決してくれる弁護士です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *