エンジニアのスクールで夢が広がる

システムエンジニアの養成スクール

エンジニアといっても多種多様です。

いろいろなジャンルがありますが、今後安泰なものとして、システムエンジニアという職種があります。企業によってはSEと呼ぶ場合もあります。システムエンジニアはシステムを構築・運用・保守するためのプロのことで社内向けや社外向けの両方が存在します。社内向けの場合、社内システムの面倒を見る仕事になります。企業ネットワークは、根幹部分を担っている場合が多く、刻々と変化するIT技術に迅速に対応する必要があり、人材開発が大変重要です。

このため、プロの養成が必要不可欠であり、スクールの開校も必要になってきます。特にネットワーク系は難易度も高く技術進歩も劇的なため、早い時期からなお一層のスクールでの育成が必須事項となります。社外向けの場合、社外システムの構築・運用・保守が仕事になります。社内とは違い、他社からお金を貰って行うため、より一層高い技術を持ったプロの養成が必要です。

この場合、お客様要件を十分理解して、足りないところがあれば、自ら提案したりすることも重要です。運用や保守は基本的には24時間体制が必要のため、複数人数での対応が欠かせません。特にネットワーク系は構築当初はスループットが出ていたのに、運用していて最近遅くなったというようなことが良くあります。局所的な観点だけではなく全体最適できる能力も必要になってきますので、養成スクールの開校は必須と考えたほうが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *