エンジニアのスクールで夢が広がる

フリーランスと資格の関係性

フリーランスで行える仕事は種類が豊富なので、資格が必須かどうかは携わる仕事次第です。

ライターやカメラマンのような特別な資格がなくても名乗ることができる仕事では資格自体が存在しない場合も少なくありませんが、弁護士や税理士といった士業では必須であるほか、コンサルタントやカウンセラーなど高度な専門性を要求される仕事に携わる場合は、何らかの資格が必要になることがほとんどです。

また、インストラクターや講師などの人にノウハウを教える立場になる仕事では、教える内容そのものに関する資格とは別に教えるための専用の資格が別途必要な場合もあります。

フリーランスで仕事をする場合、仕事を獲得するためにまずは自分の能力を周知しなければならないので、たとえ必須でなくても仕事に関連した資格を取得しておくことは有意義なことです。資格があれば仕事が向こうからやってくるという訳ではありませんが、取得のために基本的な知識や技術も学ぶことができますし、知名度がある資格や取得難易度が高い資格であれば、仕事を獲得するためのアピール材料になります。

職業によってはスキルのレベルに比例して仕事内容や報酬、働き方の自由度が変わってくることも多く、特にプログラマーなどのエンジニア系やデザイナーなど委託を受けて開発するタイプの職業では顕著です。このような職業ではフリーランスの人にも積極的に募集がかかる一方、応募段階で一定以上の資格取得者であることが条件になっていることが多く、それに加えてより高度な資格を有する人ほど優遇される傾向があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *