エンジニアのスクールで夢が広がる

転職を有利にするための資格取得

資格は、目的をもって取得することが重要です。

まだ自分の進む道が決まっていない学生なら、とりあえず資格を取得してみるというのもいいでしょう。しかし、社会人の場合には目的をもたずに取得しても、ただの資格マニアだと思われて、かえって不利になることもあります。

例えば、プログラマーやシステムエンジニアなどをやっている人なら、基本情報技術者や応用情報技術者の試験に合格することで、自分のキャリアに箔がつくことになります。転職では実務経験が最も重要になりますが、それに加えて試験にも合格していることで、自分の成功体験の説得力が増すことになります。

時間は有限ですので、限られた時間をどのように使うかということも重要です。限られた時間を自分の能力を高めるために最大限に有効活用してきたという人は、転職でも頼りになる人だと思われて、有利になるでしょう。趣味に時間を使うことは悪いことではありませんが、転職においてはあまりアピールポイントにはなりません。

実務経験に加えて試験に合格することが重要ですが、実務経験がない人が試験を受けることが必ずしも無駄ということではありません。例えば、未経験の人が基本情報技術者の資格を取得したら、それだけでは無駄に終わってしまうかもしれません。しかし、その資格を利用して、未経験からプログラマーになり、実務経験を積んでいけば、試験に合格したことに大きな意味が出てきます。大切なのは、試験に合格して終わりにするのではなく、それを利用して次のステップへ進むということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *