エンジニアのスクールで夢が広がる

エンジニアがフリーランスを目指す理由とは

人材不足が続くエンジニアがフリーランスを目指すのには、理由があります。

売り手市場であることから収入は高いはずですが、それでも独立を目指すのは現役として働ける期間が短いことが理由です。エンジニアの世界は技術の進歩が早いことから、年齢を重ねるとついていけなくなるものです。そのために経験を積むと、管理者としての働きを求められるようになります。

現役での仕事をこだわる人はフリーランスとして活動する道を選ぶようになるのです。また人出不足が深刻な開発会社では、人材育成も思うようにできないものです。そのためにいつまでも同じような仕事ばかりを割り振られてスキルアップができない環境となります。

そこで、自由にスキルアップを図りたい人がフリーランスとして独立するわけです。また、転職によりマネジメントの仕事を目指す人は、フリーランスとしてあらゆる業務に取り組む中で、必要となるスキルを身につけようという人もいます。あるいはプロジェクトに派遣されたエンジニアは、そこで同じような仕事に取り組むフリーランスのエンジニアがかなり高い報酬を得ているのを目の当たりにすることもあります。

派遣会社を通さないことで、報酬をそのまま全て受け取ることができるわけです。同じ仕事をしてそれだけ収入が違うとなれば、誰もが独立を目指したがるわけです。もちろん、独立した人全てが望む報酬を得ているわけではありませんが、それでも期待を持って目指すことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *