エンジニアのスクールで夢が広がる

フリーランスとして働く際の心得とは

サラリーマンが独立してフリーランスとして活動するケースは多いものです。

例えばエンジニアのように、長年の経験を生かして多くの収入を得るために独立する人が増えています。その際に心得ておくべきことが幾つかあります。まず会社で働いている時に、どれほどクライアントから仕事に対して高い評価を得ていたとしても、フリーランスとなるとすぐに仕事がもらえるわけでは無いということです。

これは信用度の問題ですが、会社という組織がバックにあるのとフリーランスとして活動するのとでは、信用が大きく異なることになります。個人で活動する場合には、その活動を保証するものが無いということです。

そこで必要となるのは、フリーランスとして積み上げる実績のみです。きちんと納期を守り、求められる品質で納品する実績を積むことによって、信用を得ることになります。けれども独立して間も無い頃は、当然ながらそのような実績は無いので、仕事を得るのに苦労することになります。

そこでまずは、安い単価で仕事を請け負い、その数をこなすしかないものです。当然ながら収入は少ないので、当面の生活費を確保しておく必要があります。あるいは独立する前に、副業として個人的に仕事を受けることも役に立ちます。独立する前にクライアントをある程度確保してこけば、フリーランスとなってからもすぐに仕事を得ることができるようになります。このように、仕事をいかにして得るかを考えておくことが必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *