エンジニアのスクールで夢が広がる

フリーランスとしての働き方とは

フリーランスは会社に勤務せずに、個人事業主として活動するものです。

その方法には、技術を身につけて独立する方法とフランチャイズに加盟して独立する方法などがあります。エンジニアなどが経験を積んだあとに独立するケースは多いものです。クライアントと直接契約してシステム開発を行う場合や、システム開発のプロジェクトに参加する場合などがあります。

プロジェクトに参加する場合は、雇用契約を結んで一定期間拘束されることになります。ただしその報酬は、派遣社員などと比べるとかなり高い金額になります。個人で仕事を獲得する場合には、成果物を納品して検収が終わってから、報酬が支払われることになります。場合によっては1年にも及ぶ仕事となるので、その間は無収入となります。

そして仕事を得るための営業活動は自分で行いますし、信用力を高めることも必要です。収入が増えれば法人化するケースもあります。一方でフランチャイズに加盟する形でのフリーランス活動をするケースもあります。この場合は、本部から扱う商品やサービスを提供されることになります。

ネームバリューもあるので、宣伝活動に労力をかける必要が無いメリットがあります。さらに本部から様々な指導を受けることもできるので、全てを自分で手掛けるフリーランスと比べると比較的楽に仕事に取り組むメリットがあります。共にスキル磨きを自分で計画できるので、キャリア形成を自由に行えることが特徴となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *