エンジニアのスクールで夢が広がる

今の時代に男性が女性に求める求人ナンバーワン保育士

保育士は国家資格がないとなれません。

30代、40代から中途採用で新たに目指そうとしても難しいのです。保育士の求人も、年収の低さ、待遇の悪さが問題になっていますが、それでもフルタイムで働くことが求められます。児童福祉施設で、一定以上児童の保護に従事していた経験があれば、高校卒業、高専卒業、中学校失業のいずれかでも受験資格を得ることが出来ます。

求人は探せばいくらでもありますし、ニーズも高いです。ネットニュースで頻繁に「親が子供をあやめる」「子が親をあやめる」などの痛ましい事件を多く見ます。男性が女性に求める職業ナンバーワンが保育士や看護師という背景には、そうした事情もはらんでいるのかもしれません。

また、男性は自分が女性より上で、自分中心のかっこいい役目をとりたがるものです。女性には多少損をしたと思っても、あくまでもサポート役に回ってほしいとどうしても思うものです。そこで女性が「この人のサポートをしたい」と思うか「イヤだ」と思うかの差です。ちなみに「男性受けがいいから」「求人が多いから」という理由で、保育士や看護婦や、栄養士や介護士や、その他の関連の職につく女性も数多くいます。

医者や教師や薬剤師を「男性受けがいいから」と選ぶ人は少ないはずです。また、目指そうとしてもハードルが高いはずです。男性の多くは、エンジニアや技術系など「攻撃系の技術」を扱う職業に就きたがるものです。一方で女性に「回復系の技術」を求める人が多いのです。今の時代に男性が女性に求めるものは「母性」なのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *