エンジニアのスクールで夢が広がる

プログラミングスクールに通っている年齢層について

プログラミングスクールは老若男女問わず、誰でも参加することができますが、とりわけある一部の年齢層や性別の方が多いです。

ひとつめは小学生の男子と女子です。学校でプログラミングの授業が必修化され、授業の進度に合わせてスクールのレッスンを受けることができるので、両親からの評判は上々です。学校の授業よりも早い段階で教えてもらえるコースもあるので、好成績を得ることも可能です。最近では、スクールで得た技術を元に起業する子供までいるようです。将来性を得るためには、熟練講師のレッスンに通っておいて損はないでしょう。

ふたつめは新社会人や大学生です。主にIT系の企業に就職した新社会人やIT系の学部の大学生が多いです。新社会人の方は現場で即戦力になるプログラミング能力を得るために、大学生は授業についていくスキルを養うためにスクールに通っています。プログラミングについて何も知らない方向けのコースから、応用的な分野まで学べるコースまで幅広くあるので、未経験でも経験者でも満足できるレッスンを受けることができます。

みっつめは会社を定年退職されたシニア世代です。インターネットにはプログラミングの仕事がいくつもあります。定年退職されたシニア世代の方は、動機として仕事ややりがいを見つけるためというケースが多いです。新しいことを学ぶことで、認知症予防にもなります。仕事も増えていくので、シニア世代のスクールとしても大変有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *