エンジニアのスクールで夢が広がる

プログラミングのスクールを卒業したら?

プログラミングのスクールを卒業したら、できるだけ早くに就職をしましょう。

金銭的な問題だけでなく、キャリア形成のためにも重要なことです。

プログラミングのスクールで基本的な知識を身につけたら、その後は資格を取得したり、独学で勉強をしてもっと知識を増やしたりしたいと考える人もいます。素晴らしいことではありますが、転職で求められているスキルは知識や資格だけではありません。

むしろ仕事を通して得た経験やスキルのほうが重要になります。難しい国家資格を持っているが未経験の人と、資格や学歴はないが経験がある人とでは、企業は後者を選ぶ傾向にあります。

中途採用では即戦力を求められているからです。知識を重視するならば、大学や大学院を出たばかりの新卒の人を採用するでしょう。

中途採用では即戦力となってくれる人を募集している企業が多いです。

スクールで学べるプログラミングの知識は基本的な部分が中心です。

実践的なスキルを身につけるためにはなるべく早くにエンジニアとして就職をすることです。

プログラマーやシステムエンジニアという職業がよいでしょう。正社員になるのが理想ですが、エンジニアの場合は派遣や契約社員でもスキルを向上させることができるので、正社員にこだわりすぎて就職が遅くなるのもよくありません。

プログラマーになったら、そこで将来が約束されたわけでもありません。スキルを向上させていかないと給料は上がっていかないでしょう。

ずっと勉強をし続けるという覚悟も必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *