エンジニアのスクールで夢が広がる

プログラミングスクールを決めるときに注意すること

プログラミングは近年重要な仕事として注目されていますが、そのスキルを身につけるのは簡単ではありません。

ですので多くの人がプログラミングスクールを利用することを考えていますが、
選び方を間違えてしまいますと無駄な出費という結果になってしまいます。

そのような状況にならないためには選び方を身につけることが第一歩です。最初に自分自身で確認しなければいけないのは学ぶ目的です。

例えば「エンジニアへの転職」とか「今の職種でのスキルアップ」とか「フリーランスで独立」などです。

この目的を自分の中できちんと押さえたうえで方向性を決めることが大切です。

最近は特にスクールが増えていますので悩むところですが、大まかな分類としてはwebプログラミングコース、webデザインコース、アプリ開発コースがあります。これをきめますと自ずと学ぶ言語も絞られてきます。

因みに今時代ですとHTML/CSSとJavaScriptはどのコースに進んだとしても触れる機会が多いですので最初に学ぶには適している言語と言われています。

言語を決める際にはやはり収入は気になるところです。そこで2016年のある求人検索エンジンが発表した言語別平均年収ランキングをご紹介しますと、1位はJava2位PHP3位javascript4位C言語5位Rubyとなっています。

今の時代に最もオーソドックスと言われている「webプログラミングコース」ではPHPとRubyのどちらかを勉強することになりますのでスクールを決める際にはそのことも目安にするのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *